ホテルスタッフが様々の情報をご紹介します。


by fukuicastle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

〔早朝の養浩館庭園〕

b0188072_1811336.jpg


早朝の6時30分頃の養浩館庭園、御月見の間(右)、御座の間(中央)。
すがすがしい空気の中で、小鳥がささやいています。

b0188072_1813543.jpg


しばらくすると、朝日が差し込み、西側にある清廉が、朝日色にそまりました。

b0188072_18153445.jpg


花菖蒲も朝日を浴び、鯉も泳ぎだしました。
養浩館庭園は10月まで、早朝無料開放しています。
詳しくは、養浩館庭園を検索して下さいね。
[PR]
# by fukuicastle | 2015-04-27 18:23
b0188072_22574777.jpg

平成27年5月5日

国の特別史跡、特別名勝に指定されている一乗谷朝倉氏遺跡内にて、

「第6回 越前朝倉曲水の宴」
★平成27年度 演題「かがやき」★

が開催されます。

狩衣や小袿などの衣装を纏った男女が小川に沿って座り、
水路に浮かべた酒杯が流れる間に和歌や漢詩を詠んで、
杯の酒を飲み干し、再び流します。平安期に貴族の間で,
流行しました。
現代に再現された、豪華絢爛な,平安時代の歌会遊びを,
見ることができます。

   *開催日時 平成27年5月5日(火・祝)雨天時は6日(水・振)
           午前10時~正午

   *場   所 一乗谷朝倉氏遺跡内
[PR]
# by fukuicastle | 2015-04-25 22:58 | ホテル
b0188072_2246115.jpg

★一乗谷朝倉氏遺跡復元町並★

今年もゴールデンウイーク期間中の

《平成27年 5月3.4.5日》

「一乗谷朝倉氏遺跡・復原町並」が無料開放

です。

福井市の南東約10キロ、一乗谷にある朝倉氏遺跡は、
戦国時代に朝倉氏五代が、103年間にわたって越前の国を
支配した城下町跡。

武家屋敷・寺院・町屋・職人屋敷や道路に至るまで町並が、
ほぼ完全な姿で発掘され、国の特別史跡・特別名勝に指定
されています。

一乗谷朝倉氏遺跡は、京都の金閣寺や、広島の厳島神社に
並び国の三重指定(特別史跡・特別名勝・重要文化財)を
受ける大変貴重な遺跡となっています。

栄華を極めた城下町の街並みを、ほぼ完全な姿で再現して
おり、当時の衣装に着替えて戦国時代にタイムスリップし
たような感覚になります。

毎年8月には「越前朝倉万灯夜」「越前戦国まつり」を、
同時開催し、迫力ある火縄銃の砲煙を見ることができ、
夜には約15,000個をこえるキャンドルの灯で幻想的な雰囲気
になります。
[PR]
# by fukuicastle | 2015-04-25 22:46 | ホテル
b0188072_17355672.jpg

平成27年4月21日火曜日の午後、
福井城址、歴史のみちにある”ハナミズキ”の花が、
少しずつ花開こうとしています。

明治45年(1912年)友好の懸け橋として、日本から
ワシントンDCへ、3000本の桜の苗木を贈りました。
その桜の木は、ワシントンのポトマック湖畔で、毎年美しい
花を咲かせています。

その桜の苗木のお礼として、40本のハナミズキの苗木が、
贈られて来ました。その苗木は、繁殖用として各地に分配され
ました。

当時福井城址にあった松平農場が、果樹園芸の栽培研究部門で、
全国的に高い評価を受けていたことも有り、その40本のうち
の5本が贈られて来ました。

現在はそのハナミズキはありませんが、ここに植えられている
ハナミズキは、清水市興津の農林水産省果樹試験場で花を咲か
せている、原木の子孫樹です。

平成12年この場に植樹されました。
[PR]
# by fukuicastle | 2015-04-21 18:44 | ホテル
b0188072_1315598.jpg

平成27年4月18日(土)

福井城址北側、”歴史のみち”のしだれ桜。

”ソメイヨシノ”の桜は、若葉へと移り変わりましたが、

”しだれ桜”は満開です。
[PR]
# by fukuicastle | 2015-04-20 13:02 | ホテル